「BanG Dream! 2nd Season」最終話が私のツボだった件

BanG Dream! 2nd Season」最終回がツボだったので好きだったところを書き出してみました。


①ビデオ録画の演出
 主催ライブのゲスト控室入り口に記念映像用として置かれたビデオカメラ。興味を持つ者,素通りする者,決めポーズを取る者なのキャラクターの個性が浮かび上がります。

②楽屋の定点カメラ
 ビデオカメラと別に部屋の奥から全体を俯瞰するアングル。同じバンドのメンバーの仲がいいのは当然として,別のバンドとでもワイワイ雑談している描写が嬉しい。お菓子を食べたり緊張しているメンバーを茶化したり,まさに私の見たいガールズトークが繰り広げられます。

③ライブパート
 Bパートは各バンドの演奏シーン。サビを集めたハイライトではなくそれぞれ新曲1コーラスを歌いきります。絵コンテのキレ味とか照明のカッコよさは詳しい人に任せるとして,私が特にツボだったのが口パク。膨大なアニメを浴びるように見ている私は,日常芝居では開いているタイミング,閉じているタイミングが合っていれば2種類の口パクでもセリフに集中できる体質になりました。母音に合わせて4,5種類口パクの形が変わるアニメがあったりすると,唇の形と聞こえる音の齟齬が大きくなって違和感を覚えるくらいです。ところがバンドリは違います。母音に合わせて口の形が変わるのですが,形が変わる間を補完できているので見ている口の形と聞こえる音に差異がありません。日常パートではあまり意識していませんでしたが,ライブパートではキャラの口がより大きく開くために映える演出となっていました。

④選曲
 バンドリ2期13話のサブタイトルは「キズナミュージック♪」。2期のOP曲でした。私が好きだったこの歌がサブタイトルということは当然作中で流れるわけです。…と思っていたのに最後のナンバーは新曲「Dreamers Go!」。いや他のバンドも新曲だったし聞いてみたらいい曲でしたがやはりサブタイトルを考えるともやもやする…。と一人で勝手に落ち込んでいると,客席からアンコール!もちろんポピパが最後に披露した曲は!

⑤ED
 というわけでOPが省略された13話のEDはこれまでOPで使われていた「キズナミュージック♪」でした。この演出がされた場合の画面上には通常2つの選択肢があります。1つは通常の映像にスタッフロールを加えるパターン(本来OPで流すべきクレジットがEDに含まれるため映画のように縦にスクロールさせることが多い)。もう1つは1話からのハイライト映像を見せるパターン。前者は第1話のOP省略後にEDで使用されるパターンがほとんどで,頻度としては後者が圧倒的に多いです。香澄がアンコールに応えEDクレジットが流れ始めた中,私はイントロを聞きながら「ああバンドリ2期にはこんなシーンもあったなあ」と考える準備に入りました。しかしそうは問屋がおろしません。そこに映し出されたのは既存の映像ではなくライブを切り取った1枚絵の連続でした。ステージ上のポピパ,ゲストバンドの勇姿,涙を見せる観客達。どの場面を切り取っても少女たちの持つ情熱が垣間見える,素敵な演出でした。


とそんな感じ。
12話までは前のめりになっていなかったのですが,13話は私の好きなものが詰め込まれたエピソードでした。
思わずこうして1時間以上かけてブログを更新するくらいには(笑)

春アニメも好きなアニメが増えるといいなあ。

19年冬アニメで気に入った最終回

今週もブログ書こうと思ったのに結局後回しになってしまった。

今週は冬アニメ12週目。
最終回ラッシュでした。

私に天使が舞い降りた
風が強く吹いている
バンドリ2
約束のネバーランド
えんどろ~
かぐや様は告らせたい

お気に入りはこの6本。
特にバンドリ2の最終回は先日友人と行った居酒屋で熱量高めでしゃべってきました。私の好きな演出ばかり詰まっています。

平日に時間つくって文字に起こしたいです。

リハビリなんてなかった

ツイッターでちょっと嫌なことがあったのでブログの練習。

今週は冬アニメ11週目。
物語がクライマックスを迎えています。
私は30分番組36本+ショートアニメを視聴中です。

個人的に良かったのはソードアート・オンライン23話。
ソードゴーレムの秘密に気づいたカーディナルの選んだ行動。自分の運命を見つけたというユージオの決断。心が折れかけたキリトが思い出した過去の苦い経験。TVシリーズとして良かったのはOPの使い方。OPカット自体は見かけますがまさかEDとして普段のOPが使われるとは。本編とOPのアクションシーンが重なって心に響きました。次週はいよいよアドミニストレータとキリトの直接対決でしょうから、どんな大立ち回りが見られるのか今から楽しみです。

次週が気になるといえば「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」11話。
新シリーズのネタが思いつかず旅行に行く素晴。行き先は両親が生前に行けなかった徳島。そこで母親が素晴に見せたかったかもしれない風景を目にした素晴は…。
と基本的に1話完結だった本作で珍しく先を意識した終わり方になっていました。旅行の経験から素晴がどんな物語を紡いでいくのか気になります。

逆に次週持ち越しでヤキモキさせられたのが「かぐや様は告らせたい11話。
藤原書記がラーメンを食べるBパートは良かったですが,AパートCパートがともに白銀会長と四宮が出会えなかったことで勝敗無し。Aパートでも切なかったのにCパートでも無情な夏休みを続けるとは…。Dパートも四宮の孤独な姿が浮き彫りにされたので,12話でハッピーエンドになることを祈っています。

ハッピーエンド至上主義者だからこそ,そんなのありかよーと笑顔になれたのが賭ケグルイ××」10話。
生徒会長選挙で秘書子ちゃん(清華)との対決。理を追求し続けた結果夢子に敗北を喫する清華。罰として塔から飛び降りると…。
二次元はご都合主義大好きなので人が死なない展開で良かったです。めでたしめでたし。

その他,戦争を終わらせようと奮闘する「エガオノダイカ,復路9区で主人公に相応しい快走を続ける「風が強く吹いている」,全国大会決勝で大将戦までつなげた火ノ丸相撲,文化祭の準備~本番を迎えた「私に天使が舞い降りた」あたりも面白かったです。

とアニメの話題で書くの楽しいですね。
ゲーセンも悪くないけどTVアニメの優先度は越えないので。
何曜日に何本放送されるかが実は重要だったりするのですが,週40本くらいなら楽しみながら生活できる気がします。
あんまり大勢の人が見ないアニメを代わりに見て紹介する仕事とかないですかね(笑)